○ぎっくり腰 part1

朝、起きると、腰が痛くて動くことが出来ない人が来られました。

駐車場から来られるのが、やっとで、あまりの痛さに上を向いて寝ることさえ出来ません。

横向きからはじめて、太もも・股関節まわりをゆっくり、ゆるめました。

すると、上向きに寝ることが出来るようになりました。

けれども、痛みはまだ、残っています。それはそうですよね!

ここまで、痛くなるまで、からだを酷使してきたのですから!

5日間は、毎日、通ってもらいました。すると5日目には、ほとんど痛みはなくなりました。

 

ぎっくり腰は、軽いものを持ってもなると言われます。それは、自分の腰をそこまで、我慢させた結果なのです。

ぎっくり腰になる人は、何回もなります。それは普段から、からだの使い方を戻さない限りは何回でもなります。

より良い、からだの使い方を学んでもらいました。

○ぎっくり腰 part2

ぎっくり腰の原因は筋膜の繋がりによる、筋疲労です。腰に原因があることは、少ないです。今回の方は、膝裏に委中というツボがあります。物凄く硬くなっていました。膝裏をゆるめることで、ぎっくり腰もずいぶん楽になり、帰りは杖なしで帰られました。痛みの原因は人それぞれ違います。まずは自分がどこが原因なのかを調べることが先決ですね!

○妊婦さんの腰痛

妊婦さんは腰痛になりやすです。

それはそうですよね?

お腹に赤ちゃんがいるので、どうしても、前に引っ張られます。そうすると、後ろの腰の筋肉が頑張るので、腰痛がおこりやすくなります。

腰の筋肉を緩めることにより、大変楽になります。

また、家で出来る体操を覚えて帰ってもらうことにより、より一層、改善されます。

これから、お母さんになる大事な体です。少しでも、楽になって元気な赤ちゃんを産んでもらいたいです。

○背中痛

35歳♀立位・座位・臥位どの姿勢でも、背中(腰~肩甲骨のしたの方)が痛くてと言う方がみえられました。最初の問診では何が原因か分からないと言うことでした。体の歪みは少しだけありました。施術中に話を聞いて行くと、子供さんの事で少し悩まれているみたいでした。

全身が、カチコチに固まっていたので、ゆるんでもらい、女性の話を聞いて、心の緊張を取り除くと、帰る時には、背中の痛みはなくなっていました。(誰かに聞いて貰うだけで心の緊張はほぐれますよね)

心と体ってやはり一体なんですよね。どちらもゆるむと、痛みも消えて行きます。

 これからは、痛みの出ない体をつくって行きましょう!

〇朝、起きると腰が痛い

 

5年間も朝、起きた時に腰が痛いと言う方が来られました。(その人は軽い立ち仕事です)

人は寝ている間に腰の骨と骨の間の椎間板が伸ばされて、朝起きた時には楽になっている事が多いのですが、その人は朝起きたてが痛いみたいでした。

そこで考えられることは、

①立っている時に腰に負担をかけている。

②寝ている時に体がガチガチで、ゆるめられない。

③体がゆがんでると考えました。

体、全体をみていくと、骨盤がゆがんでいます。まずは、このゆがみから取ろうと普段通りにゆがみを取ってその日は終わりました。

次の日に、体はどうだったか?聞いてみると、なんと5年間も痛かった腰痛がなくなっているでは、ないですか!!!

良かった良かった(^ω^)

ゆがみを取るだけで、痛かった腰も良くなるんですよね!

体にとっては、ゆがみは大敵なんです!

良くなってもらえて自分も嬉しいです^^

<< 1  3    >>

○腰痛+四十肩(右肩)

information

 

たゆみ堂

〒649-6235
和歌山県岩出市西野56-1

アルプスハイツ山﨑 101

 

電話番号

0736-71-1490

 

営業時間

月曜日~木曜日

(9:00~21:00)
土曜日日曜日祝日

(9:00~17:00)

営業しています。

 

休診日

金曜日